img-1

ニキビ跡を美白したい

嫌なニキビが治ったと思ったのに残ってしまったニキビ跡に悩んでいる人は多いでしょう。ニキビ跡といってもいくつか種類がありますが、ニキビがあった部分の皮膚が赤いままのニキビ跡は正しい美白ケアできれいにできます。



というのは赤いままの皮膚はまだ皮膚内での炎症が治まっていない、つまりニキビがまだ治っていないことが原因です。
つまりこの皮膚内の炎症を正しく治してあげることで、赤みを解消し美白できるのです。



注意したいのが紫外線です。



ニキビがまだ完全に治っていない状態の肌はデリケートです。

この状態で過度な紫外線に浴びるとメラニン色素が大量発生して赤みが茶色いシミのようになり色素沈着する恐れがあります。



そこで肌に優しい日焼け止めや帽子などの紫外線対策は欠かせません。
また、気を付けたいのがマッサージです。


デリケートな状態の肌にマッサージを施すことで、肌を傷めることにもなりかねません。
すると紫外線の時と同じように、マッサージという強い刺激から肌を守ろうとメラニン色素が大量発生し、シミが残る可能性があるのでマッサージはもちろんNG、また気になるからと言って手であまり触らないようにしましょう。


それと良質な睡眠を心掛けることです。

肌の一番外側の角質層は28日周期でターンオーバーによって新しい細胞に入れ替わっています。
この入れ替えに大きく関わる成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されると言われています。



美白だけでなく、一日の疲れをとるためにも良質な睡眠は重要です。



関連リンク

img-2

美白レーザーでニキビ跡も消せる?

美白ということに取り組んでいる方がとても多いです。シミそばがすがなく、クリアな肌というのは美肌の条件でもありますし、美魔女という言葉も良く使われている時代ですし、年齢肌のケアとしても美白効果のある化粧品を使われている方は増えています。...

more
img-3

ニキビ跡は美白効果もあるレーザーで治療

ニキビ跡で悩んでいる方はとても多いです。一度ニキビ跡になってしまいますと、クレーターになってしまったり、ぼこっとなってしまったり色々なケースが有りますが、女性ですと化粧で隠すのも一苦労です。...

more